横浜改良土センター株式会社 本文へジャンプ
ウェブ アニメータ

あなたは番目の御客様です。

改良土プラントPFI事業

(下水汚泥焼却灰と建設発生土の有効利用)
本事業は、平成元年より旧横浜市下水道局により運営されていた改良土プラントの増設をPFI事業契約者が行い、市に無償で引渡し、運営期間中(平成16年1月〜平成31年3月)の全施設の維持管理を行うBTO(Build Transfer Operate)方式によるものです。平成26年4月〜平成31年3月までの5年間、契約延長により引続き運営を行います。
イメージ

NEWS

横浜市グリーン購入基本方針特定調達物品

「改良土は、横浜市グリーン購入の推進に関する基本方針(平成16年4月)によって特定調達物品の一つとして指定されました。横浜市における公共工事において、その使用を推奨するものです。

平成17年度国土交通大臣賞受賞(下水道有効利用部門)

横浜市は運営・維持管理のPFI事業化を行い、焼却灰の有効利用の実績が認められ表彰されました。

-お願い-
利用申込書の提出は、利用開始前に1工事につき1回の提出でお願いします。内容の変更については、ご連絡のみ頂く ようお願い致します。